タピオカを追いかけるようにして去年あたりからからジワジワ人気を高めてきた『チーズハットグ』。

韓国屋台で定番の人気おやつ。日本でいうところの“アメリカンドッグ” です。

日本では原宿や新大久保に有名店が次々出店し、そこから徐々に全国に広がってきているようです。

 

テレビで紹介されているのを見て「おいしそっ。食べてみたいな」と思い、関西で食べられるところを探してみると神戸三宮にありました。

2019年6月26日に「アリランホットドッグ 神戸マルイ店」がオープンしていることを知り、2、3度お店前まで行ってみたのですが…

女子高生を中心としたお若い皆さんがたくさん並んでいて、お若くない私は気おくれして列に並べず。

 

 

そんなところに見つけたこれ。

大型スーパーの冷凍食品ケースにシレッと並らんでいました。

これは買ってみなくては。

 

輸入者は、LOHAS 企業として “すこやかに食べよう”  を提案する 株式会社Asahico(アサヒコ)

チーズハットグ 3本入り 240g(80g×3) 598円

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

 

袋裏に調理方法と詳しい商品情報。

主な原材料:チーズ・魚肉ソーセージ・パン粉・小麦粉・じゃがいも粉・玄米粉・食塩・砂糖・粉乳他

保存方法:要冷凍

一本(80g)あたりのエネルギー:223kcal

 

アメリカンドッグの生地の中 上半分にモッツァレラチーズ、下半分には魚肉ソーセージが入っています。

生地の表面にパン粉を薄くまずし付けてあるのが特徴。揚げ調理済です。

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

 

 

大袋を開けると、更に1本ずつ個包装になっています。

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

 

 

 

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

 

 

袋から取り出した凍った状態。

ハットグ部分が15兌紊らい。お店のものよりは、やや小ぶりです。

 

調理方法は、2種類あります。

<簡単調理方法>

袋を少し切って、袋に入れたまま電子レンジで温める。1本 500w1分20秒

<パン粉がカリカリ美味しい調理方法>

袋から取りだし、皿にのせ、ラップをかけずに電子レンジで温める。

温め後、1〜2分冷ますとよりカリカリになります。

 

我が家のレンジですと1分20秒では足りず、チーズがビヨ〜ンとのびるには2分以上かかったかな。

温めすぎると生地が裂けて中からチーズが溶け出てきますので注意。

 

カリカリ感が物足りなかったので、レンチンからひと手間加えノンフライヤーで1〜2分加熱したら、スーパーにカリカリになりました。

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

 

パン粉にじゃがいもや玄米粉を加えることによってよりサクサクした食感が楽しめると書いてありましたが、とても効果的です。

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

 

のびのびモッツァレラチーズと魚肉ソーセージ。

生地はほんのり甘くモチモチです。

株式会社Asahico(アサヒコ) チーズハットグ

お店のものよりはチーズが少なめな印象ですが、生地とチーズとソーセージの量のバランスと全体のボリュームがワタクシには丁度良く、大変満足できるお味でしたー♪

家人たち皆にも好評。このあと直ぐまた買いに行きました☆

 

輸入元の株式会社Asahico(アサヒコ)サイトに

“2020年3月発売予定 2種のチーズハットグ” のお知らせがあります。

チェダーチーズとモッツァレラチーズが入っているようです。

 

 

■Asahico

http://www.asahico.co.jp/

 

 

JUGEMテーマ:お菓子





1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

category

Selected Entry


profile

others

無料ブログ作成サービス JUGEM